先頭に戻る

漫画も電子書籍(Kindle)で読む時代?便利な点などを紹介

Kindleは、Amazonが提供する電子書籍サービスのことです。

 

人気の漫画やビジネス書のほどんどはKindle版も売られています
kindle以外にも電子書籍端末で漫画を読むことは出来ますが、最も人気の高いKindleについて詳しく紹介します。

 

2016年読み放題サービス開始

kindleは、 2016年に 「Kindle Unlimited」という読み放題サービスを始めました。
月額980円で 「Kindle Unlimited」のマークがついた約120万冊が読み放題です。
新作漫画は残念ながら対象外ですが、大人ジャンルや同人ジャンルが読み放題で話題となりました。

 

専門書など1冊買えば2,000円近くするものも多いため、月額980円の元はすぐとれます。
詳しく知りたい分野はネットで探すよりも、本で読むほうが体系的に学習できます。

 

PC、iPhone、Andorid、タブレットに対応

Kindleは、Kindle Paperwhiteなど専用端末が売られています。
しかし、専用端末がないと読めないかと思っている方もいるかもしれませんが、そんな事はありません。
以下の端末でもkindleアプリをインストールすれば読むことができます。

・PC
・スマートフォン(iPhone、Andoird対応)
・タブレット(iPad、Android対応)

Kindleのソフトを入れればOKで、追加でハードウェアを買う必要がないのは嬉しいです。
タブレットやPCで読めば大画面で読めますし、スマホでも拡大したり文字フォントを大きくして、読むことが出来ます。

 

なお専用端末のKindle Paperwhiteは、漫画は読みにくいです。

タブレットで漫画を読む
Kindle Paperwhite

理由は白黒表示なのと、電子ペーパーを使っており反応速度が遅く、漫画以外のビジネス書に向いています。
その半面、消費電力が低く1周間持ちますし、紙の本のように目への負担が少ないです。

 

1つ購入すれば端末6台まで読める

Kindle本は1アカウントに対し 6台まで、電子書籍や漫画を共有出来ます。

 

たとえばワンピースのKindle版を購入したとします。
PCとスマホ、タブレット、Kindle Paperwhite、全てにワンピースを入れて読むことができます。

 

正式な使い方ではないですが、自分が使用している端末が6台未満なら、
友達のiPhoneに自分のAmazonのアカウントを設定してあげれば、その端末でも漫画が見れます
割り勘で買えば、実質半分で漫画が購入出来る事になります。
友達の場合は、規約的に問題があるかもしれませんが、こういう使い方もできるという例で、家族間での本の共有にとても便利です。

 

本棚が不要になる

Kindle本なら、スマホやタブレットに何百冊と入れられます
つまり家の本棚が不要になります。
私がKindleに移行したの理由は、これが一番大きいです。
漫画をコレクターする人は、紙の単行本を集めている方多いですが、引っ越しをする際非常に困るんです。
重いですし何より場所を取ります。
また、移動中に漫画や本を読もうとすると、それだけカバンが重くなります。
Kindleならスマホで読めますし、何百冊購入しても場所を取りません(^^

 

漫画の紙本をコレクターしたい等のこだわりがなければ、心機一転ネットの漫画買取サービスで売りましょう!
ブックオフで売るより断然高く売れます。人気の漫画は高く売れますよ。

 

欲しい時にすぐ手に入る

Kindle本の良い点として、深夜でも購入出来ますし、 購入後ダウンロードすればすぐに読み始めることができる点です。

 

たとえば、旅行で飛行機に乗る直前で、飛行機の中で時間を持て余すので本を読みたいと思えば、kindle本を空港で買いダウンロードすればすぐに読めます。
一度ダウンロードした本は、携帯電波やネットがつながらない場所でも読めます。

 

Kindleは割引価格

紙の本よりもkindle本は安く購入できます
また、kindle本は日替わりや月替りセールが開催されており、最大で50%オフで購入出来ます。

 

kindle本は、漫画であれば数十円しか安くなっていない場合が多いですが、ビジネス書などは、紙の書籍と比べると30%ぐらい安くなっています。
また、古い漫画や著作権をフリーにした著者の漫画は、0円で提供されています

 

まとめ

如何だったでしょうか?
本をよく読むビジネスマンほど、電子書籍を利用していると言われています。
漫画についても電子書籍で読んでいるという方は、めずらしくなくなりました。

 

電子書籍は紙の媒体と違い劣化することもないですし、場所を取らないですしメリットがたくさんあります。
また利用されていない方は、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。